catsタイトル

ヨーキーまりりん・えみりぃ&オカメなヤンキー

2頭のヨーキーとオカメインコ1羽の日常とドッグウエアークリエイターのハンドメイドショップのご紹介

92歳の母がいる夏休み

今日は92歳の母のことを・・・・

母は昨年の東日本大震災が起きるまで
東京で一人暮らしをしていいました
幸い、姉が埼玉に住んでいるので
2週間に1度は母のところに
私も1月に1度は上京し
次兄も仕事で遅くなるときは
週1ぐらいで泊まるというように姉妹と兄で見守ってきました
そして、ご近所の方も優しい方が多く
いろいろ手助けしてくださって
高齢でも何とか生活できていました

ところが震災で余震が続き
計画停電などもあって心細くなり
30年以上も前に同居するつもりで家を建てた
長兄のところに
昨年4月引っ越しをしました

今年は8月いっぱい、私のところにいます
maririn父の発案で旅行の途中に
迎えに行ってきたのです

この1年間でずいぶん老いが進んでるように感じるけど・・・
せやなあ
 3月にM(娘)と遊びに来たときはもっとしっかりしてたように思うなあ・・・
お母さん、久しぶりにお料理作ってみる?
包丁持たなくなって1年以上たつからできるかなあ・・・
大丈夫、大丈夫
 お料理はボケ防止なんだよ!

私に教わりながら一生懸命野菜の皮をむき
菜箸を握る母
娘が母に教えるようになるって
 なんだか悲しいものがあるけどね
仕方ないやん
 だれでもいつかはそうなるんやで
1年前まで独りで黙々と家事をこなしていた母が
やっとのことでジャガイモの皮をむいている姿に
何だか胸が詰まりました
P1040275.jpg
でも、私の思いをよそに
母はとても嬉しそうに菜箸を握っています

P1040278.jpg
92なのでそれほど難しいことはできませんが
一生懸命作ってくれたカレー
おいしかったです
お昼ご飯お、お母さんに作ってもらったらええんちゃうの
 maririnhahaは手をださんと見てるだけやで
 必要なものから手順までちゃんと思い出させなあかんよ

母が姉にメールしたようです
姉の返事には
よくしてくれるmaririn父さんに感謝しなくちゃいけないよ
と書かれてあったそうで
私へのメールにも
maririn父さんにお世話になりますと伝えてくださいねと書かれていました

血のつながらない親に優しく接することは
簡単なようでなかなか難しいものがあります
特に母のように耳も不自由になり会話もうまく交わせず
足も不自由で何事をするにも時間がかかるようになると・・・・


補聴器でも歌謡曲聴こえんようやから
 TV用のイヤホン買ってあげたらええやん
 会社帰りに買うてきてあげるわ
暑いとよう眠れんから
 アイスノンをお母さん用に買ってあげなああかんで



母の足が弱らないようにと散歩がてら
2人で電車に乗って
ATC(アジアトレードセンター)に行ってきました
招喜屋さんはちりめん細工の雑貨を扱っていて
私の好きなショップです
多分母も見て楽しいだろうと思い立ち寄りました
P1040282.jpg
大きな招き猫がお出迎え
ショップの方が撮影に協力してくださいました

catsumi.jpg
九州に向かうサンフラワーや
大阪市帆船あこがれも停泊中

母が滞在している8月いっぱい
母のペースに合わせて生活しているまりりん家ですが
心穏やかな毎日を送ってもらいたいです


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


  こちらもお願いできれば
FC2 Blog Rankingimage194.gif

今日、遠方から姉が来ます
コメ欄クローズしますね
皆さんの所へは訪問とランキング応援のみとなってしまいそうです

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://705154.blog74.fc2.com/tb.php/1050-17f8b6b5

 | HOME | 

文字サイズの変更

ランキングに参加しています

クリックしていただけるといろいろな ペット情報が得られますよ♪

 ★ にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

プロフィール

maririnhaha

Author:maririnhaha
気に入らないことがあると「何よ!」と
絶妙のタイミングで話すオカメインコのヤンキー
お嬢様犬を目指すおっとりヨーキーまりりん、
前世はおサルだったと思うお転婆パピーのえみりぃ。
3ワンピーの楽しい日常のご紹介と
ちょこっと情報提供ができればいいなぁと
思っています。

ようこそまりりんブログへ

最近の記事

カテゴリー

リンク

読んでくださってありがとうございます

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん