20140924210156d06[1] taitoru A
今日は簡単に
暖かくなりましたね。
散歩も苦でなくなりました。

早咲きの桜の木、1本だけ満開です。

20170319_001945188_iOS.jpg

でも2ワンは桜には関心が無いようで・・・・・

20170319_002308440_iOS.jpg


タンポポも大きな花を咲かせています。

20170319_002439323_iOS.jpg

やっぱり、2ワンにタンポポは関心がないみたい・・・・。

20170319_002454934_iOS.jpg


まりえみは花より団子なんですよね。


こちらの可愛いワンちゃんはお友達のルリンちゃん

20170309(1)rurin.jpg

春風ボックスプリーツワンピをオーダーいただきました。

このワンピ、花のんのお客様が「眞子さまスタイル」と呼んでくださいましたが、
ルリンちゃん品があるので
まさにワンコさんの眞子さまスタイル。

ルリン(ポロン)ママさんは今、花のんの犬服教室にも来てくださっていますが
意欲的にいろいろ質問してくださるので
きっと短時間で上達されますね。

可愛い着画ありがとうございました。


jumpenjiA.png 一緒にオンリーワンの犬服を作ってみませんか
犬服教室 Petite Kanon

ネットショップは 小さな犬服 花のん


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


          
ご訪問ありがとうございます
[2017/03/20 00:02 ] |  その他 | トラックバック(0)
母が遺したものって
昨日は母が遺してくれたものを
姉兄とともに相談してまいりました。

ところで母が亡くなって荼毘にふされ
小さな骨壷に入ってしまいましたが、
今もどこかで母の生きていた証が残っています。
どなたかの瞳の中で。


母が亡くなった時、姉兄全員が献眼を承諾しました。
すでに96歳の母、
臓器のドナーになることはできませんが、
献眼はできるのだそうです。

P1030889A

しかも新しい世界へ行くのに迷わないよう
白内障の手術をしていない良い方の眼は残し、
手術した方の片目だけの献眼でいいそうです。


献体はどなたにされるのか制度上秘密とされているので
どなたが母の眼を受け継いでくださったのかわかりません。
でも日本のどこかで母の優しかった瞳が受け継がれ、
新しい光を手に入れられた方がいらっしゃるなんてワクワクします。


私は臓器のドナーカードも持っています。
肺と心臓は70歳以下、
その他の臓器は50歳ないし60歳以下との目安が示されているので、
使っていただけないものもあります。

また、本人がカードを持っていても
家族の一人が反対すれば遺すことはできません。

P1030890 A

私が献体をするような日が来たら反対しないでねと
子どもたちには伝えておこうと思います。



jumpenjiA.png 一緒にオンリーワンの犬服を作ってみませんか
犬服教室 Petite Kanon

ネットショップは 小さな犬服 花のん


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


          
ご訪問ありがとうございます
時間の都合でコメントへの返事は
ブログ訪問&応援&コメントに代えさせていただいています
[2017/03/19 00:02 ] | ☆家族 | コメント(4) | トラックバック(0)
えみりぃはセ~フ!
昨日は、えみりぃの口腔内処置を受けてきました。
前回のまりりんのにエリカラ姿に衝撃をうけたえみりぃ、
自分もエリカラ生活?と思いきや、えみりぃ歯石除去のみで
抜歯は全くありませんでした。
要注意奥歯もありますが、歯周ポケットが広がらないように
歯肉の縫合と伸びてしまった歯茎の切除は何か所か行いましたが。

20170317_122556614_iOS.jpg

Dr曰く、
今の段階で処置できてよかったですね。
小型犬は口が小さいから特に歯周病が起きやすい。
3歳ぐらいで一度しっかり処置しておくことが肝心ですよ。


まりりんももっと早い段階で歯科医の診察を受けていれば
もっと歯が残せたかもしれません。


今後は、今、残っている歯を大切にさせたいので
1年に1回麻酔をかけての処置を受ける予定です。
全身麻酔は年齢が高いワンちゃんや血液検査で気になる数値がある場合には
難しいかもしれませんが、
健康なワンちゃんなら怖がることはそれほどないと認識している我が家。

麻酔を怖がる話も聞きますが、
歯の病気から全身へ広がる病の方がリスクが大きいと考えているので
事前検査を受けながら、早め早めの予防をしていくつもりです。


全身麻酔をかけての処置を他のご家庭に勧めているわけではありませんよ。
これは、あくまでも我が家の考え方です。

20170317_122605680_iOS A


今日は、母の残したものの整理で小田原に出かけます。
姉、兄も集まります。
処置後のえみりぃを残して出かけるのは心もとないのですが
日帰りで行ってきます。



jumpenjiA.png 一緒にオンリーワンの犬服を作ってみませんか
犬服教室 Petite Kanon

ネットショップは 小さな犬服 花のん


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


          
ご訪問ありがとうございます
[2017/03/18 00:02 ] |  病気 | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad